僕がキーボード「Keychron K8」を購入した3つの理由

仕事道具・ガジェットレビュー

こんにちは、川畑です。

つい先日、僕はキーボード「Keychron K8」を購入しました。

ちなみにKeychron K8はこれ↓

※AmazonではUS配列しか販売してなさそうなので、ご注意ください。

いや〜、なんのキーボードを買うか、めちゃくちゃ迷ったんですよね。

というのも僕は、ライターとして文章を書く仕事をしているので、多いときは1日で1万字近くタイピングするんですね。

なので、触り心地の良いキーボードに切り替えたいな〜って思ってたんですよね。

ということで僕は、新宿や秋葉原に計3回ぐらい足繁く通い、あらゆるキーボードを実際に触った上でこの「Keychron K8」にしたんですね。

ではなぜ僕は厳選した結果、「Keychron K8」を相棒のキーボードとして選んだのか?

その理由を3つに分けてご紹介しますね。

「Keychron K8」を選んだ理由1.Mac&Windows両方対応

まず1つ目にご紹介する、僕が「Keychron K8」を選んだ理由は「Mac&Windows両方対応」という点です。

僕はMacBookを仕事用のマシンとして使っているので、Mac OSのレイアウトに対応したキーボードであるということが、マストの条件だったんですね。

で、それだけではなく、僕は追々WindowsのPCも買おうと思っています。(ゲーム用に笑)

なので、そう考えると、1つのキーボードでMacとWindowsの両方を操作できるようにしたかったんですね。

なので、MacとWindowsの両方に対応したキーボードが必要ということで、Keychronのキーボードが候補に入ってきました。

「Keychron K8」を選んだ理由2.Bluetooth接続できる

続いて2つ目にご紹介する、僕が「Keychron K8」を選んだ理由は「Bluetooth接続できる」という点です。

僕は全台のキーボードが優先接続だったので、「無線接続できるキーボードが欲しいな〜」って思ってたんですよね。

で、欲を言えばWindowsのPCを購入したときに、ボタン1つでMacからWindowsに接続を切り替える、という操作ができるキーボードがいいなぁ〜と思って探していました。

で、キーボードを探し始めて気づいたのですが、今の時代でも意外と優先接続のキーボードって多いんですよね。

なので、ここはキーボードを選ぶ上で必ずチェックしておく必要があるかなと思います。

また、Bluetooth接続で、かつMacとWindows両方対応のキーボードとなると、種類はかなりグッと減ってしまうので、この辺りも気をつけながら探す必要がありました。

「Keychron K8」を選んだ理由3.軸を付け替えれる

最後に3つ目にご紹介する、僕が「Keychron K8」を選んだ理由は「軸を付け替えれる」という点です。

これが、Keychronを購入する決め手になりました。

というのも、僕が今まで使っていたキーボードは「パンタグラフ式」という、一番安いキーボードを使っていたんですね。

静電容量無接点方式やメカニカルキーボードといった、結構お値段が高めのキーボードを持ったことがなかったので、キーボード選びで失敗したくなかったんですね。

だから新宿や秋葉原に足繁く通ったのですが、何が自分にしっくりくるのかわかりませんでした。

で、このKeychronですよ。

Keychron K8がすごいのは、キーボードのボタンの軸(スイッチの中身)を、簡単に付け替えれるんですね。

ですので、キーボードの軸が合わないとなった場合、新しく別の軸を購入するだけで済むので、経費的にもすごく助かるんですね。

実際にKeychron K8を買った時は赤軸(軽いスイッチ)で購入したのですが、軽すぎてすごく打ちにくかったので、もうちょっと重めの黒軸というタイプのものをすぐ買い、付け替えることができました。

こんなふうに、気軽にスイッチの押し込みの感触を変えることができるので、本当に良いキーボードだなと思い、「Keychron K8」の購入を決断しました。

まとめ:キーボードはテレワーカーの相棒

いかがでしたか?

テレワーカーにとって、キーボードはテレワーカーの相棒です。

「もっとこのキーボードに触りたい」と思うような、素晴らしいキーボードを1つ購入すれば、仕事自体もとても楽しくなります。

実際に僕がこの記事を書く時も、「Keychron K8でタイピングしたい!」というのがモチベーションになっています。

そう考えると、良いキーボードを相棒にすることは、仕事の生産性向上につながってくるんですよね。

ぜひあなたも、色々なキーボードを触ってみて、お気に入りの相棒を1つ見つけてみていただけたらと思います。

まぁこのKeychron K8が僕に合うのかどうかは、まだ買ったばかりでわかりませんので、半年後ぐらいに改めて長期使用レビューを書きたいと思います。

案件ではないので、忖度なしで良かった点、悪かった点を書く予定ですので、ぜひ楽しみに待っていただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました